WEB MARKETINGウェブマーケティング

「WEBデータ」×「課題」×「情報共有」= マーケティングパートナー

WEBマーケティング業界は非常に変化が激しく毎日のように新しい情報が現れます。とても早いスピードで技術革新が行われるため「ドッグイヤー」とも呼ばれるウェブマーケティング業界ですが、大きな特徴として施策の結果を全て数値で管理出来るというのも大きなメリットです。WEBに来て、誰が・どのページを・何回・何秒滞在したかなどの情報を閲覧し、分析する事で課題と最適な提案を導き出します。その中で営業の課題に対して、営業活動をサポートすることを目的としているかが重要です。当社では問い合わせ件数を目標値として捉えつつも、それを達成するだけでなくクライアントと同じ視点で仕事に取組み成果に結びつくようなマーケティングパートナーとしてサポート致します。

「戦略」×「インターネット広告」= 反響のスパイラル効果

経済産業省の調査で平成28年の国内EC市場が15兆円を突破し、中国向け越境EC市場も1兆円を突破し、商取引の電子化が引き続き拡大し続けています。 これはインターネット上でアピールする企業やネットショップが増え、近年のスマートフォン利用者増加に比例しインターネット利用者も急増しています。さらにはTwitter(ツイッター)やFacebook(フェイスブック)やInstagram(インスタグラム)等のSNSを活用し、企業と顧客が親密にコミュニケーションをする風景も浸透しつつあり、顧客との関係を広げ、企業規模に関係なく売上を伸ばしています。そして世界へも目を向けビジネスチャンスを広げようと多くの企業が元気よく踏み出しています。 すなわちインターネットビジネスをすることに抵抗が減りWEBマーケティングを戦略的に活用することで営業活動の拡大と大きな反響に繋げることも可能であり、アカネエージェンシーも様々な顧客向けの集客支援サービスを提供し続けております。

効果最大化のeソリューションとは?

WEBメディアや広告商品の特性を把握したスペシャリストがお客様のeマーケティング効果の最大化を目指します。

1, SEO

マーケティング視点でのSEO戦略・戦術を駆使してお客様の課題に対する「SEOソリューション」をご提供し、検索ユーザーに向けてGoogleやYahooの検索結果で多く露出をするための施策を実施します。

logo
logo

2, リスティング広告

GoogleAdWords、Yahoo!プロモーション広告について、各業界に特化した専任担当が過去実績やノウハウを活かした広告プランニング・設計・運用、そして分析・解析までワンストップで実現します。さらにはPDCAを実施していく過程で、競合他社よりも勝る為の広告戦略を見出していきます。

3, ディスプレイ広告(DSP)

専任担当が等の最新アドテクノロジーを把握し「効果的な認知向上・ブランディング施策をしたい」「もっと新規顧客を増やしたい」と様々な商品・サービスの特性やプロモーションの目的に応じた広告媒体を選定し、広告の反響を上げるための分析・運用を強みとしながら広告効果の最大化を目指します。

logo
logo

4, SNS広告

「検索をしないユーザー」に向けてFacebookやTwitter、InstagramなどのSNSのテキスト・画像・動画などで訴求できる広告を活用し、目標値に応じてBtoB、BtoCに関わらず幅広く訴求して効果の最大化を目指します。

5, レコメンド広告

レコメンド広告を出稿できる媒体の特徴、効果の出やすいクリエイティブのポイント、データフィード作成方法等で独自のノウハウで最適化を図りながら獲得の最大化を目指します。またユーザー個々に応じたリターゲティングを行うため、一般的なリターゲティングと比べると広告効果は高い広告と言えます。

logo
logo

6, アフィリエイト広告

国内のアフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)と複数提携しており、広告主様の商品やサービスに応じ最適なアフィリエイターをアサインし、貴社の売り上げを最大限に引き上げるアフィリエイト広告運用とコンサルティングで安定的な運用サポート致します。

7, 動画広告

動画領域に特化したスペシャリストが効果を生み出す動画クリエイティブの制作、最適な動画配信プラットフォームの選定を行います。年々拡大する動画広告の市場を背景に広告主様のご要望に応えた動画広告の運用代行サービスをサポート致します。

logo
logo

8, WEBパフォーマンス分析

上級ウェブ解析士の資格を持ったウェブ解析のプロが在籍しており、全来訪経由を把握した上での最適化を軸に様々なデータを使った分析・対策をご提供します。複眼的な視点を持ちながら貴社の状況に応じたご提案をさせて頂きます。