チャレンジできる空間で
多彩な経験を積む

社員インタビュー
  • 冨田 裕貴
  • マルチメディア事業部
  • 2016年入社

ファッション業界での経験を活かす

冨田裕貴です。1988年長崎市で生まれました。高校までは地元長崎で育ち、大学に入学するために東京に上京。その後東京で就職しました。趣味はライブ鑑賞で、自分もバンドでギターをやっていました。週末はライブでリフレッシュしています。以前の仕事は、女性物のアパレルメーカーの営業職。デパートやメーカーを担当して、ブランディングのお手伝い。企画やデザインの打ち合わせをして、それを製造工場に発注する仕事に携わっていました。その関係でファッションに凄く興味を持ちました。以前から広告代理店の仕事にも興味があり、その両方を叶えられるアカネエージェンシーを選び入社しました。

越境ECサイトの立ち上げに携われた経験

入社して配属された部署はWEBソリューション室。新しい企画が立ち上がったばかりのEC運営チームに配属されました。仕事内容は、越境ECサイトの運営と管理です。海外に向け日本国内の商品を紹介して、販売するのが仕事です。システム構築から携わることができたことは嬉しかったのですが、何しろ新しい事業。トライ&エラーの繰り返しでした。モールがスタートするまでには苦しい時もありましたが、今ではいい経験だったと思っています。

とにかく試行錯誤の繰り返し

アカネエージェンシーは、新人でもチャレンジできる会社です。働いているひとり一人の個性が、仕事に付加価値を与えられるようなシステムが在る。そして会社は今、イノーベーションの真最中です。新人ながらその一助となれているという充実感を肌身で感じられ仕事が楽しいです。これ率直な感想です。新しい事業を立上げる会社にいて、それに参加出来ることは、最上の喜びです。モールでの販売が順調になれば喜びもひとしおです。

日々思考錯誤しながら新しい仕事に挑戦!少しは成長できたかな(笑)これからもガンバリます。若さに内包するフレッシュなエナジーを十二分に発散させながら。