人から影響を受け
今は経験をとにかく積む

社員インタビュー
  • 高梨 彩
  • マルチメディア事業部
  • 2016年入社

興味があった雑誌関係の仕事

髙梨彩です。1995年、平成7年の生まれで22歳です。ネットでの求人広告を見て、前から興味を持っていた雑誌関係の仕事がしたかったので応募しました。ブランド品にも興味を持っていたのがもうひとつの理由でもあります。もうひとつ付け加えれば、土・日曜日が連休なのも嬉しいです。今の仕事は楽しいです。営業アシスタントの仕事です。仕事の主な内容は、雑誌の広告原稿創りです。取材から始まり、レイアウトを決め、デザイナーとの原稿創りの打ち合わせ。デザイナーから回って来る原稿の校正をクライアントにメールして確認してもらいます。そして間違いがないか再確認して出版社に入稿する。その全体的な原稿創りの流れと、管理までしています。

先輩の仕事に影響を受ける

会社にはバリバリに仕事が出来る先輩が居ます。ブランド品のPhotoを見ただけで名称から、大体の価格までスラスラと答えが返ってきます。ブランド品の知識は大変に豊富です。私はそれらを見ながら勉強中です。憧れの先輩でもあります。仕事と家庭生活を充実させているのを見ていて、頼もしく感じてもいます。子供はふたりで、4歳の長男と2歳になる長女の母でもあります。自分の将来の参考にしながら見つめています。公私共に助言もしてもらっています。時間が空いている時は、現在会社で立上げ中のECサイトのネットの登録も手伝ったりしています。経験を積んだら、自動車関係の雑誌の広告制作も、勉強して手伝いと考えています。

社内改革プロジェクトにも参加

会社は、イノベーションが現在進行中です。プロジェクト活動の一環で風紀委員会の委員もしています。これは、会社の若い人達だけで会社の風紀規定を決める、重要な会議です。その会議で、私は、新人として発言しています。悪しき習慣は排除が、私の根本的な考えです。将来的には、ブランド全体の仕事だけでなく、会社全体の仕事に役立つようなことをして行きたいと想っています。私のこれからに大いに期待していてください。